大田市日記・野菜・西浜芋・プッシュプライス・000・PUSHプライス・島根県日記・push price・耐震金具・土江建材・島根県日記・大田市ブログ・島根県・店長ブログ・店長日記・家具

◆◇ メニュー ◇◆
トップへ トップへ
商品一覧
防災グッズ 防災グッズ
ミニチュア家具 インテリア ミニチュア家具 インテリア
目玉商品 目玉商品
化粧品(美白・収納) 化粧品(美白・収納)
生活用品(特選) 生活用品(特選)
照明・ランプ・外灯 照明・ランプ・外灯
収納箱(小物・アンティーク入れ) 収納箱(小物・アンティーク入れ)
パソコン・家電・周辺機器 パソコン・家電・周辺機器
楽器 楽器
アクセサリー部品(オリジナルアクセサリー製作) アクセサリー部品(オリジナルアクセサリー製作)
業務用 業務用
ファッション(レディース・トップス・下着・ニット・Tシャツ・メンズ・他) ファッション(レディース・トップス・下着・ニット・Tシャツ・メンズ・他)
置物(祝い事に) 置物(祝い事に)
建築材料激安商品 建築材料激安商品
おもちゃ(ラジコン・遊具(子供)・プラモデル) おもちゃ(ラジコン・遊具(子供)・プラモデル)
調理器具(IH専用・なべ) 調理器具(IH専用・なべ)
かんざし(天然石付きも有) かんざし(天然石付きも有)
自転車・電動自転車 自転車・電動自転車
アクセサリー(リング) アクセサリー(リング)
貯金箱 貯金箱
花火 花火
ブランド品(時計・バック・衣類) ブランド品(時計・バック・衣類)
靴(メンズ) 靴(メンズ)
金魚用品 金魚用品
水着 水着
ブローチ(天然石付き) ブローチ(天然石付き)
ガーデニング・園芸 ガーデニング・園芸
くつ(サンダル・ブーツ・シューズ・他) くつ(サンダル・ブーツ・シューズ・他)
古本(雑誌) 古本(雑誌)
ゲーム(PSP) ゲーム(PSP)
古本(小説) 古本(小説)
鏡(かがみ) 鏡(かがみ)
古本(赤ちゃん・妊娠・出産・子供) 古本(赤ちゃん・妊娠・出産・子供)
いも(西浜いも) いも(西浜いも)
西浜芋 西浜芋
古本(恋愛・占い・風水) 古本(恋愛・占い・風水)
古本(漫画) 古本(漫画)
古本(病気・結婚・介護・家事・他) 古本(病気・結婚・介護・家事・他)
ゲーム(プレステーション2) ゲーム(プレステーション2)
古本(ゲーム 攻略本) 古本(ゲーム 攻略本)
米(こめ・島根米) 米(こめ・島根米)
ゴルフ用品 ゴルフ用品
いちじく(多伎いちじく) いちじく(多伎いちじく)
子供服(キッズ・ガール・ベビー) 子供服(キッズ・ガール・ベビー)
財布 財布
耐震金具 耐震金具
野菜(産地直送・農業) 野菜(産地直送・農業)
ダイエット用品(器具) ダイエット用品(器具)
介護用品 介護用品
音楽(CD・DVD・MD・ラジカセ・CDプレーヤー・蓄音機・レコード) 音楽(CD・DVD・MD・ラジカセ・CDプレーヤー・蓄音機・レコード)
時計(ダイヤ・クリスタルストーン・他) 時計(ダイヤ・クリスタルストーン・他)
ネックレス(天然石付きも有) ネックレス(天然石付きも有)
ピアス(天然石付きも有) ピアス(天然石付きも有)
ゲーム(スーパーファミコン) ゲーム(スーパーファミコン)
ゲーム(ファミコン) ゲーム(ファミコン)
ゲーム(ニンテンドー64) ゲーム(ニンテンドー64)
ゲーム(ゲームボーイカラー) ゲーム(ゲームボーイカラー)
ゲーム(ゲームボーイ) ゲーム(ゲームボーイ)
ゲーム(プレステーション) ゲーム(プレステーション)
切手(マニア必見) 切手(マニア必見)
ストラップ(天然石付きも有) ストラップ(天然石付きも有)
ブレスレット(天然石付きも有) ブレスレット(天然石付きも有)
ゲーム(ゲームボーイアドバンス) ゲーム(ゲームボーイアドバンス)
バイク(中古・純正・部品) バイク(中古・純正・部品)
ゲーム(ニンテンドーDS) ゲーム(ニンテンドーDS)
無花果(多伎いちじく) 無花果(多伎いちじく)
ポスト ポスト
プラモデル プラモデル
お問合せ
お名前:
E-Mail:


ゲーム
ウパウパの水族館 ウパウパの水族館
へいはちの部屋 へいはちの部屋
オセロ オセロ
五目並べ 五目並べ
占い
総合相性診断 総合相性診断
バイオリズム バイオリズム
◆◇メールマガジン◇◆

 

店長の土江 力です。
どうぞよろしくおねがいします。

人物2


当サイトでは、お客様のプライバシィ保護の為、128ビットSSL暗号化通信を採用しております。
このショッピングシステムは、CookieとJavaScriptを利用しております。対応していないブラウザを御利用の場合、お手数ですがメールにて御注文くださいませ。

土・日・祭日は休みです。あらかじめご了承下さい。

又、土・日・祭日の注文につきましては、平日対応とさせていただきます。

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

懸賞当選者企画コーナー3P

/2/3/4/

「今まで心に残った本(小説・漫画・欲しい本)を聞かせて下さい」

当選発表日 12月10日

応募人数  407人      メールマガジン登録者  48人

題名

題名

「夏の庭」
読書感想文の為に読んだものだったけれど、心に残ったから。一緒に読んだ家族にとっても、印象的な本だった。どこにでもいそうな子ども達が、少しずつ、変わっていき、成長して行く姿がよかった。
「ハッピー」
漫画ですが、盲導犬ハッピーの話で何回読んでも涙が出ます。がんばって生きていくことを考えさせられるシーンもあり、大好きです。
「ああ無情」が少女時代に呼んだ本でとても心に残りました。罪人であった主人公が人の子の面倒をみていく中で自分の人生を振り返り反省しているところがとても心に残り人はみな同じ人間であり本当に悪人というひとは存在しないものだと強く思っています 雷鳥九号殺人事件。あのトリックは西村京太郎の小説の中で必ず5本の指に入るはず!!

ホラー小説のらせんが面白かったです。リングはTVドラマをレンタルして見たあとでした,らせんを読んだあとリングも購入して読みましたそれも面白かったです本ではありませんがネットで読んだ絶望の世界は面白かったけどかなりの長編なので読むのに数日かかり読んでいる間 引き込まれすぎてやばいですあの小説が本になれば絶対に購入するのになぁ。。。

恋花・・・人気の本だったので買ったらすごく泣けた
アウトサイダー 漫画 ワンピース
現代では珍しいくらい奥の深いストーリーです
東野圭吾「悪意」です。サスペンスなのですが人間の真意とは?を問う小説で誰もが持ってる本性を書いておりドッキリしました。最近読んだ中も最も心に残る面白い小説でした。 NANA:共感出来る。・・・2件
「源氏の男はみんなサイテー」。今まで、源氏物語が好きなので与謝野晶子訳や瀬戸内寂聴訳などを読んできましたが、これは今まで私の心にあった、不快感やモヤモヤを痛快に吹っ飛ばしてくれました。源氏物語に出てくる男は、ちっとも素敵じゃない、それどころか、女にとって光源氏は最低最悪のどうしようもない男だったんだ!という新たな見かたに触れ、いっそ爽やかな気分にさえなりました。最近読んだ中では一番の本でした。 小説とかではないのですが、「瀬戸内寂聴」さんの「般若心経」です。それまで、全く興味のなかった「般若心経」ですが、その中には生きていく上での『智慧』があり、今では心穏やかに過ごさせていただいています。また、そのことが影響し、もっと世の中の人に穏やかに気持ちになって欲しいと思い、私なりの言葉で伝えるため、ブログを開設しました。何事にも感謝する気持ち。縁を大切にする気持ち。いろいろ学ばせていただきました。
・・・長編だけど寝るのも御飯もそこそこに夢中で一気に読んでしまった本はトールキンの「指輪物語」、S・キング「IT(イット)」が印象深いです・・・どちらも14〜5年前でしたが今は老眼気味で読書量がめっきり減りました。 金田一少年の事件簿 何度読み返しても、犯人が分からず時間を忘れて読み続けてしまう。
貫井徳郎「慟哭」 小説でここまで綺麗に騙されるとは!?後半のオチにやられた。 手塚治虫の「火の鳥」
いつ読んでも何かを発見、感慨を受ける作品
今を生きる ハチクロです。エースをねらえ以来の号泣でした。人の死とかに弱いです
「タイムトラベラーズ ワイフ」
自分の意志とは関係なくタイムトラベルしてしまう男とその妻の物語。時間を行きつ戻りつしながらの展開は、分かりにくいところもありますが、自分ではどうしようもない運命に翻弄されながらも、時を越えて愛し合う姿に感動しました。
サンクチュアリ
佐賀のがばいばあちゃん
人情や温かさの伝わる本
漫画 メゾン一刻。 高校生のときの読んで、あの世界にすごく憧れました。ってか今も憧れてます。
海猿
この本で(マンガで)はじめてこういう職業にしてしりダイビングをはじめて、ウミの中の恐さやそこに携わる人間色々知識にもなった・・・2件
 妹尾河童著「河童が覗いた○○」シリーズ 特に「河童が覗いたインド」現地の国民レベルの生活がイラストとの2重効果でよく理解できます。イラストも精緻でそれだけ観てても楽い。
ヤクザという生き方
ズバリ「思考は現実化する」です。
この本は今まで3000万部発行されているそうです。
内容は成功哲学です。「私のもとで、20年間にわたって500人の成功者にインタビューしてほしい。ただし条件がある!!!私は君に金銭的手助けは一切しない。」そう言われて作者は20年間働いたそうです
ディケンズのクリスマスキャロル 司馬遼太郎の<炎よ剣>です。
新撰組の土方歳三の話で、史実で最後はどうなるかは知っているのに、なぜか引き込まれる本です。
新平家物語です。 宮本輝さんの青が散るは僕の話のようで、悲しいです
 福田みどり「司馬さんは夢の中」1,2巻
司馬遼太郎氏の夫人福田みどりさんの作品で現在も産経新聞に連載中です。人生の伴侶を失った筆者の司馬さんや関わった多くの方々との出会いの思い出、近況等が描かれ心うたれす。
「走れメロス」・・・名作、感動します。
鬼平犯科帳 心に残った本は吉本ばななの『TSUGUMI』です。読んだ後心が綺麗になったような、澄んだ気持ちになれるので大好きす。
今まで心に残った本・・・、それは・・・・
吉田秋生先生の「BANANA FISH」です。
小学館さんから出版されている長編漫画です。タイトル「BANANA FISH」で、表紙も全巻黄色(文庫版は黒)なのですが、果物のバナナとはまったく関係がありません(笑)キャラクター達の魅力、設定の緻密さ、ストーリーの展開・・・、どれをとっても魅力的です。ストーリーの所々で語られるサリンジャーやヘミングウェイの作品・・・。この作品から本当に色々なことを学びました。一度読み始めると最後まで読まないと気がすまなくなる一冊です。そして、読み終わった後、多分、涙と鼻水でティッシュ1箱はかるく使い果たしてしまうことでしょう・・・(笑)私は読み終わり数年がたっていますが、今でも本棚に並ぶ黄色い背表紙を見るだけで涙が出そうになります。すごく心に残っている本です。
「銀河英雄伝説」

中学生の頃。
なんというか、それまでの価値観を全て壊された気がしました。
学研の夏休み号の中にあった小説で、楼蘭についての物語が一番印象に残っています。そのおかげで私は中国に4度も長期旅行に行くはめになりました。 里見八犬伝  理由:小学生の頃学校から帰ってくるとちょうどテレビで放送していた。「やっつの球が揃うまで・・・」とにかく夢中になって見ました。
「こころ」夏目漱石:「人間失格」太宰治
*人間の内面をえぐり出していることに共感と嫌悪を感じた
誰がために鐘がなる 戦争のむなしさを感じた
筒井康隆「笑うな」  短編集ですが中学生のころ、読書に熱中する結果になった本です 「沈まぬ太陽」是非読んで見たい本です。
デイビィッド・エディングス「ベルガリア-ド物語」(全5巻)とその続編「マロリオン物語」(全5巻)です。長い間絶版でしたが、最近復刊されました。私が始めて読んだのはその絶版になった1巻目。すぐ話の世界観に夢中になり、次の日に残り(当時は3巻まで発刊されていた)を買いに本屋に走りました。それから次の巻が出るのが待ち遠しいこと。発売日が近づくと毎日のように本屋に今日はまだ出ていないかと本屋をうろつくのが日課になってしまいました。その魅力は読めばわかる!としか言い様が無いです。この小説に出てくる人物は主人公を始めとして市井の雑多な人々までまさに”生きて”います。復刊された本はまだ手に入れてないので、私にとってはこれが、心に残った本でありまた欲しい本でもあります。 浅田次郎の小説「蒼穹の昴」・・・中国の歴史だけでなく日本の歴史も勉強してみたくなるほど自分がその時代にタイムスリップしたような気分になりながら主人公の運命を真剣に追ってしまう。
映画化もされた「ラブコン」。あのノリツッコミを漫画でリアルに表現できるなんて、すごい! 兵士シュヴェイクの冒険  戦争や軍隊のもつ愚かさや馬鹿馬鹿しさを表しているので。
☆「洛陽」太宰治 著 レミゼラブル 考えさせられる本でした.
ドストエフスキーの罪と罰(高校生の時に読み心に強く残っています) ローマの休日
漫画ですが、野球狂の詩の「俺は長島だ」を見て欲しい。 国盗り物語 司馬遼太郎
心に残った本‥。   「私は障害者向けのデリヘル嬢」僕は社会福祉を専攻している人間ですが、障害者が普通の人と同じととらえれば、性欲というものは必ずあるもの。学校では教えてくれないような問題について考えさせられました。 すっかり有名になってしまいましたが・・・「今会いに行きます」の原作は心に残りました。今わたしは結婚を考えていますが、あの家族のような、心通わせられる関係を築きたいと心より思います。
高村薫「我が手に拳銃を」うまく言い表せません。とにかく夢中になって、買ったその日に読破してしまいました。ハードカバーの本を読むきっかけになった本です。 潮騒・三島由紀夫。高校時代に読み、その爽快な読後感、忘れられずにいます。今でも時折読み返したくなります。
フランダースの犬。  小学生の頃に読みました。あまりに不憫でぼろぼろ泣いた思い出があります。最近は...ないかも。 宮本輝 「草原の椅子」
巴里に死す、感動した 塩狩峠、とにかく泣けた
青春の門 黒衣の花嫁   小学校の図書室にあったのですが題名がなぜか印象に残っています
「ソフィーの世界」
哲学入門書としてベストセラーとなった作品ですが、自分の周りの世界について深く考えさせられる内容でした。
たくさんありますが、『金持ち父さんと貧乏父さん』でしょうか。
東野圭吾の トキオ
東野圭吾の小説はほとんど読んでいるけど 推理殺人事件の内容ではなく こんなに泣けるのは初めてだったから 心に残っている
欲しい本は作家が可愛がった猫題名は正確でないですが、感動した本は こぎつねヘレンの10のおくりもの
癒しの心音 般若心経
今ウツになっている人が多いそうですがこの本はとても心がラクになると思うので推薦します
トルーマン・カポーティの「おじいさんの思い出」
:きれいな挿絵、少年がおじいさんを思い気持ち、忘れられない最後、とてもよかったです。
ミヒャエル・エンデ『モモ』
読書家の母の影響で、昔から家の中には本がたくさんあり、そのなかから母が推薦してくれたものです。モモという不思議な少女と、彼女の身辺に起こる不思議な出来事…。私はあの「不思議」な感覚の虜となり、何度も何度も読み返しました。我が家の愛犬の名前は、彼女からいただいた「モモ」です(*´v`*) 。
「僕の生きる道」
生きるということ、命の尊さを教えてくれた本です。

漫画「パタリロ!」  幼い頃にアニメで見た記憶があったので、改めて読んだ。ナンセンスギャグが中心なのだが、女性にしか見えない美少年同士の同性愛描写が豊富で驚いた。現在出回っているそういった傾向の作品の先駆けだと思う。 天使がくれたもの
☆漫画で、ベルばらです。永遠の定番で、今でも時読み返して浸っています
昨日読んだ日野原重明先生の「いのちの授業」です。学校で10歳の子供へお話されるものを、まとめたものですが、10歳でこのようなお話を聞けたら、大きくなってきっといいだろうなと思い、図書館から借りた本なのですが、2歳の娘が大きくなった時、教えてあげたいと思いました。いのちは、時間で、その時間は自分の為だけでなく、人の為にも時間を使うようにと教えるのですが、大人の自分に問いかけると、今日一日でも人の為の時間を使ったかと思うと疑問に感じました。字は大きくて、あっという間に読み終えてしまうけど、心に残る本でした。
帰ってきた、むくいぬ  泣けます。 コミックの「いとしのエリー」が印象に残っている。
面白いとかではなく、当時始めて付き合った女性と主人公の女性のタイプが似ていたから。
シドニーシェルダンの「明日があるなら」です。
その頃、結構辛かったので、主人公のように頑張らなくてはという気持ちになったからです。
大江健三郎「芽むしり仔撃ち」
疎開児童を扱ったこの大江健三郎初期の傑作には彼のすべてが詰まっていると思うし、初めて読んだ中学生の頃の私にも良く解ったし、大変感動した記憶がある。
心に残った、というか今の私を形作っているのは幼い頃から
ずっと読み続けている「パタリロ」・・・。おかげで雑学は増えましたがひねくれたギャグ体質の女になってしまいましたf^^;)
「世界の中心で愛を叫ぶ」
感動したぉ(^O^*)/
「泥流地帯」本を読んで泣いたのはこれが初めてです。 漫画本:フルーツバスケット
なんと言っても、寺沢武一の「コブラ」です。
中学生の頃、地元の小さな書店でよく立ち読みしていました。そこはおじいさんがやっているお店で、学生が立ち読み(座り読み)していてもニコニコしてそれを眺めているようなお店でした。
コブラは当時としては少々刺激が強い漫画でしたので、買うわけにもいかず(そもそも小遣いもそんなにありませんでした)、利根川書店のおじいさんには本当に感謝しています。
宇宙を自由に駆け巡る、なんて男の子には本当に夢のある話で、その後僕はハヤカワ文庫にのめりこんでいきました。
火の粉
太宰治『人間失格』  人間の本質を鋭く指摘する問題作として、高校生の自分に大きな影響を与えた本だから。 「世界の中心で愛を叫ぶ」
永遠の仔です。ベストセラーですが、読み進むほど考えさせられる本です。 銀河英雄伝説:やっぱり名作です。
ごんぎつね
ちびくろさんぼ!
トラのバターのホットケーキを、今でも食べてみたい!!
燃えよ剣 男の意気を感じた 大島弓子「綿の国星」
オルフェウスの窓〜1988年社会主義国家が崩壊したときに読み直した。 心に残った本といえば「五体不満足」の乙武さんの本です。元気ずけられたし、楽しく読めました
「ぼくをさがしに」
見開きの真っ白なページに黒の単純な線で描かれた「ぼく」。
絵本のように子供が楽しむことも出来、大人が読めば恋愛、家族愛、はては人生観まで考えてしまうような奥のふか〜いお話です。
重松清の疾走。あれだけ重い内容で、あれだけ長い小説なのに、一気に読み上げてしまった。
石田衣良の「うつくしいこども」
今まで読んだ本で1番すきです!!
家族で読んで、みんなで語りました。
谷崎潤一郎 「痴人の愛」
大昔の作品なのにすっごくおもしろい!!あのマニア加減がすごいです。乃南アサ 「凍える牙」友人に勧められて読んだのですが、テンポといいディテールといいはまりました!両方とも、谷崎・乃南作品を全部読もうと思ったきっかけの本でした。
夜のピクニック
なんとなく鼻がむずがゆくなる感動があった。

  照明 ランプNEW

        

        

 pushprice

       ☆情報☆

 

mark宿泊・航空予約サイト

 

mark全国の天気

 

mark住宅補強NEW

 

       ☆娯楽☆

markロト6  

mark懸賞サイト  

mark面白動画

mark料ゲーム

      ☆他☆

mark広告料金  

mark出品依頼

markHP集商品詳細  

mark店長推薦部屋

mark大田市日記

 

pushprice

   多伎

サムライ 

有限会社 オプト

広告欄

広告欄

広告欄

広告欄

広告欄

広告欄

広告欄

広告欄

  
大田市日記・大田市ブログ・島根県ブログ・大田市・


pushprice.com [http://pushprice.com/]
お問い合わせ:info@pushprice.com